従業員にとって、心身ともに健康で働きがいのある企業とはどのような企業でしょうか。

昨今、「働き方改革」の実施が当たり前になっていく中で、企業が従業員に対して働きやすい「職場環境」がどのようなものであるか、なにをしたら良いかと検討することが必須となっています。

働きやすい職場を作ることは、より従業員の業務効率を上げ、生産性の向上につながります。「職場改善」と聞いた時に思い浮かぶものは「職場のレイアウトや作業環境の整備」といった面が多いのではないでしょうか。 リモートワークが普及傾向にある今、「職場環境」に対する対策は必要なくなるのかというとそうではありません。

「職場環境」の条件には人間関係や組織への理解、そして人事制度設計など挙げると様々な観点があります。企業はその多くの要素から課題を見出し、適切な対策を講じる必要があります。

特に、職場環境と大きく関係するのがメンタルヘルスです。従業員のメンタル不調の影には、職場環境からくる要因が多く含まれています。

その要因を特定するためには、どのように職場環境の課題を企業が把握するのか、そして把握した課題をどのように人事制度設計に生かし、職場を根っこから改善していくのか。


今回のセミナーでは、仕組みから職場改革を行い、従業員のメンタルヘルスケアにつなげる方法をお伝えいたします。

日時

2021年5月20日(木) 10:30 ~ 11:30

こんな方にオススメ

・従業員のメンタルヘルスケア対策に取り組みたいと思っている
・「働き方改革」に取り組んでいかなければいけないと感じている
・生産性向上のための「職場改善」に興味がある
・人事制度の設計に課題を感じている

参加費

無料

会場

オンラインでのセミナーとなります。
お手元にPCのある環境であればどこでも可能です。

タイムスケジュール

10:15 ~ 10:30 開場
10:30 ~ 10:35 開会の挨拶
10:45 ~ 11:05 第一部 ラフール
        「明日から出来る!生産性に直結するメンタルヘルスの観点から見た『職場環境改善』」
11:05 ~ 11:25 第二部 組織デザイン研究所
        「生産性向上に向けた『自立型組織』の作り方」
11:05 ~ 11:30 ディスカッション&質疑応答

株式会社ラフール セールスグループ
マネージャー 岩澤 康浩 氏

1988年埼玉県で生まれ、岩手県で育つ。 2011年に株式会社ネオキャリアに入社。 新卒紹介事業部に配属後、リクルーティングアドバイザーを経験後、マネージャーとして従事。 2014年4月に株式会社ラフールにジョイン。 ストレスチェック事業の立ち上げ事業を軌道に乗せる。 現在は、セールスグループ マネージャーとして「ラフールサーベイ」の拡販及び全社のトップラインを伸ばすべく奔走中。

株式会社組織デザイン研究所
 人事コンサルティングチーム&採用担当
梅原 達彦 氏

新卒で株式会社パソナに入社。企業の採用支援と転職希望者の転職支援に従事した後、HR TechとRPO(Recruit process outsourcing)の事業立ち上げに従事。 その後、2020年6月に御堂筋税理士法人(併設 組織デザイン研究所)に入所。『我が社は実験台』の企業方針の下、 経営戦略や事業戦略に紐づく人事制度や組織開発モデルを検証し、エビデンスに基づいた組織デザインを手掛ける。

お申し込み

下記のフォームより必要事項を入力の上、送信してください。