雰囲気が悪い職場の特徴は?原因や解決策を知ろう

多くの時間を過ごす職場では雰囲気の良し悪しが社員の働き方に大きく影響します。雰囲気が悪いとストレスの蓄積ややりがいの低下によって業務に取り掛かりにくく、結果的に思うような成果をあげられません。反対に良い雰囲気を持った職場は、社員が意欲的に働けることでパフォーマンスの向上やスキルアップにつながりやすく、会社としても高い生産性を生み出せます。しかしながら「悪い雰囲気ってどうすれば改善できるのか」「具体的にどんな職場を目指すべきなんだろう」と疑問に思うことも多いですよね。そこで今回は、雰囲気が悪い職場の特徴や原因について解説し、具体的な解決策も併せて紹介します。ぜひ職場の雰囲気の改善に役立ててくださいね。

1.雰囲気の悪い職場の特徴

雰囲気の悪い職場は、業務に対するモチベーションを低下させ思うような成果を得られず、その結果が更に業務への意欲を低下させる悪循環になります。職場の雰囲気の悪さは仕事をする環境としては適切ではないものの、未だ多くの職場に見受けられます。それらに共通する特徴はいくつかありますが、特によく見受けられるのが以下4つの特徴です。自らの職場に当てはまっていないか確認してみましょう。

・失敗を許さない雰囲気がある
・優秀な社員が次々に退職していく
・無謀なノルマが設定されている
・パワハラが横行している

1つずつ具体例と併せて紹介します。

失敗を許さない雰囲気がある

失敗やミスが許されない風潮は、思ったような働き方ができない息苦しい雰囲気の職場の特徴です。本来失敗やミスは誰にでもあり、そこから学びや気づきを得て成長できます。そのため、失敗が許されない雰囲気は社員の成長を阻害し、学びや気づきのない働き方では働きがいも生まれません。例えば目標達成のために効率の良い行動や新しい取り組みをしようとしても、失敗やミスへの恐怖心が先立ってしまい挑戦心や行動力も失われます。

優秀な社員が次々に退職していく

次から次へと優秀な社員が退職する職場は雰囲気や居心地が悪い職場である可能性が高いです。なぜなら、自らに業務が集中し苦痛を感じる場合や評価制度に不満がある場合があり、それらがある職場は雰囲気が良いとは言えないためです。業務が極端に個人に集中する職場では、その社員の負担は大きく疲弊してしまうだけでなく、周囲の社員にとっても任せてもらえない不満が生まれ職場の雰囲気としては良くないでしょう。また納得のできない評価制度では、今後の目標ややりがいを見出せずモチベーションが高まらない職場になります。このように仕事ができる社員が退職しやすい職場では、やりがいが感じられない悪い雰囲気であることが考えられます。

無謀なノルマが設定されている

業績を伸ばすためには必要なノルマであっても、明らかに達成できない内容では社員の不満が溜まり職場の雰囲気は悪くなります。無謀なノルマは社員にとって無理難題を押し付けられている感覚を与え、仕事のゴールが見えない不安や焦りの感情に陥ります。心身共に疲労が蓄積され、達成感も味わうことができない無謀なノルマでは、業務に対する前向きな気持ちは持てません。社員同士でノルマが厳しいと愚痴の言い合いにもなり、職場全体で悪い雰囲気を形成してしまうことが考えられます。

パワハラが横行している

自らの権力や立場を利用した嫌がらせであるパワーハラスメント、いわゆるパワハラの蔓延は、悪い雰囲気の職場の代表的な特徴とも言えます。パワハラをされた社員は恐怖や不安から働くこと自体できなくなる場合や、心身へ症状として影響が現れる可能性もあります。また職場という公の場で行われるパワハラは周囲の社員に対しても不快な思いや、次は自分かもしれないという恐怖心を植え付けます。パワハラを受ける本人だけでなく周囲の社員にも恐怖心を与えるパワハラの横行は、悪い職場に当てはまる特徴と言えます。

2.雰囲気が悪い職場になる原因

雰囲気が悪い職場を形成する原因はいくつか考えられます。様々な原因と適切な対策を把握しておくことで早い段階で対策を打てる可能性が高まるため、事前に確認しておきましょう。ここからは代表的な4つの原因と対策を紹介します。

・会社のメンバー同士のコミュニケーションが明らかに少ない
・行き過ぎたトップダウン方式の採用
・人事評価制度の基準が曖昧
・個々人が請け負う仕事の量が膨大

1つずつ解決策も含めて解説します。

会社のメンバー同士のコミュニケーションが明らかに少ない

職場でのコミュニケーション不足は業務上の情報共有も十分に行われないため、仕事のミスが生まれやすく雰囲気が悪くなる原因と言えます。普段からコミュニケーションが取れていないメンバーとは、業務においても気軽な連絡や相談が不足しがちとなりすれ違いからトラブルも起きやすくなります。またメンバーの特性や得意不得意も把握しきれず、協力や助け合う風潮も起きにくい職場となります。解決策としては、挨拶を心がける、メンバーの名前を呼ぶ、感謝を伝えるなど少しの工夫を日常的に行いましょう。継続して行われることで、メンバーのことを思いやる気持ちを互いに感じられ、職場の雰囲気に温かみが生まれます。

行き過ぎたトップダウン方式の採用

強引なトップダウン方式では社員にとって業務が一方的な指示と感じられ不満を抱きやすく、働くモチベーションは低下します。現場で働く社員にとって、その知識や経験が全く考慮されない強引な意思決定では、自らの存在や働く意義を失った感覚になりその後の業務も能動的に取り組みにくくなります。行うべき対策としては、ボトムアップ方式を上手に取り入れ社員の働きがいを引き出すことです。例えば、意思決定を行う過程において現場で働く社員も含めたミーティングを開き意見を伺います。今回の意思決定にあなたの意見が必要であるという意思が伝わるミーティングを行うことで、社員は意思決定の一員となれた感覚でその後の業務も誇りを持って取り組めます。このように下層部の意見をもとに意思決定するボトムアップ方式を上手に取り入れ、行き過ぎたトップダウン方式を抑えることで職場の雰囲気は大幅に改善されるでしょう。

人事評価制度の基準が曖昧

曖昧な基準の人事評価制度は社員にとって不当な評価に感じられモチベーションも高まらないことから、職場の雰囲気が悪くなる原因の1つです。人事評価制度は本来、社員の成果や働き方など総合的な労働力を明確な基準で評価する制度です。その基準が明確でないと、社員は具体的な目標を立てることや業務に取り組む姿勢が定まりません。こういった場合の解決策としては、明確で具体的な制度を社員が納得できる形で導入することです。評価する項目や基準を設定し、どういった行動が評価に結びつくのかを示すことで一人ひとりの社員が制度を理解し納得できる機会を設けましょう。明確な制度は働くモチベーションを高め、納得できる内容であることで目標を立てやすく業務に主体的に取り組む姿勢を生み出します。

個々人が請け負う仕事の量が膨大

社員一人ひとりの仕事量が多すぎると心身共に疲労が蓄積され業務効率も悪くなり、終わりが見えない仕事に追い詰められる雰囲気の悪い職場となります。このような過酷な労働環境が続くと、そもそも仕事を終わらせるという当たり前の意欲も低下し職場の雰囲気が改善されることはありません。具体的な解決方法としては、チームプレイで仕事に取り組み、個々においては優先順位を付けたタスクを処理するよう心がけることです。職場にはそれぞれ得意不得意のあるメンバーがいるため、各特性を活かし業務に取り組むことで効率的に仕事を行うことができます。また一人ひとりのタスクは同時にこなそうとすることでかえって非効率的な作業となってしまうため、優先順位を明確にし1つ1つを確実に処理することが重要です。タスクを処理できる度に達成感というやりがいを感じられることや、見通しを立てた業務が可能となり困っているメンバーに手助けできる余裕も生まれるでしょう。活性化されたチームがいる職場は雰囲気も向上させる効果があります。

3.雰囲気が良い職場の特徴

雰囲気が良い職場は社員のモチベーションが高まり成果も上がりやすいため、企業にとっても良い影響があります。そんな雰囲気の良い職場の代表的な特徴が以下3点です。

・会社のビジョンが社員にしっかり共有されている
・称賛の声が飛び交う
・裁量が与えられている社員が多い

具体例と共に解説します。

会社のビジョンが社員にしっかり共有されている

会社の方針やビジョンが社員に浸透されている職場は、一人ひとりが使命感を持って業務に取り組めるため職場の雰囲気を良くする特徴の1つです。ビジョンが浸透していることで、社員は自分の業務の意義や会社にどんな影響を与えているのかを感じられるようになります。そのため、目標に対して主体的に取り組むことや、困難な状況となっても使命感によって突破しようとする意欲が生まれます。一人ひとりがこのような姿勢を持てることは、周囲の社員にとってもいい刺激となりチームとしても活性化され雰囲気の良い職場となります。このように会社の方針やビジョンはただ打ち立てるだけではなく、社員一人ひとりに理解し浸透させるよう共有することが重要です。

称賛の声が飛び交う

社員同士が互いに尊重し合い称賛の声が飛び交うような職場は雰囲気の良い職場と言えます。なぜなら認め合える関係性を持ったコミュニケーションは、互いに安心感や前向きな意欲を与え、そういった風土は雰囲気の良い職場を形成するためです。具体的には、仕事の成果を出したときだけでなく、業務過程での工夫点やその人ならではの意見に対し認め称賛する取り組みが良いでしょう。そうすることで、相手にとっては安心感とモチベーションの向上につながります。一人ひとりがこのような行動を意識すると、不安な気持ちや悩んでいることも職場で気軽に相談できる雰囲気が生まれます。社員同士が協力しやすい環境にもなるため、仕事の成果も出やすくなりそういった成果が更に職場の雰囲気を改善させます。

裁量が与えられている社員が多い

社員は仕事の裁量が与えられるとやりがいを感じられるため、そのような社員が多い職場は意欲的な姿勢や取り組みが活発であり雰囲気が良い特徴だと言えます。社員は周囲から感謝されることや認められることと併せて、仕事で達成感や成長を感じられる時にやりがいを感じられます。仕事の裁量を与えることで、上司や同僚に認められている実感を持ち、成果や結果を出すことで成長も感じられます。そのため管理職の立場であるリーダーは、多くの業務を自らが請け負うのではなく、部下に仕事を任せるよう心がけましょう。リスクや手間も考えられますが、裁量を与えることで職場は活性化されます。社員の成長やそれによる職場の雰囲気の改善のためにも、仕事を任せ裁量を与える行動をおすすめします。

4.職場改善に役立つツール 

「ラフールサーベイ」は、「社員の状況の把握・分析」や「職場/チームの状況に応じた改善策提案」をしてくれる、職場改善に役立つツールです。従来の社内アンケートなどでは見えにくい心の状態などを可視化することで、社員が安心して働ける環境づくりのお手伝いをします。

社員が安心して働ける環境づくりは、企業の成長のために不可欠な、いわば土台です。まずは、社員一人一人にとって居心地の良い職場を整え、人材の定着と組織改善に繋げましょう。

ラフールネス指数による可視化

組織と個人の”健康度合い”から算出した独自のラフールネス指数を用いて、これまで数値として表せなかった企業の”健康度合い”を可視化できます。また、他社比較や時系列比較が可能であるため、全体における企業の位置や変化を把握することも可能。独自の指数によって”健康度合い”を見える化することで、効率良く目指すべき姿を捉えることができるでしょう。

直感的に課題がわかる分析結果

分析結果はグラフや数値で確認できます。データは部署や男女別に表示できるため、細分化された項目とのクロス分析も可能。一目でリスクを把握できることから、課題を特定する手間も省けるでしょう。

課題解決の一助となる自動対策リコメンド

分析結果はグラフや数値だけでなく、対策案としてフィードバックコメントが表示されます。良い点や悪い点を抽出した対策コメントは、見えてきた課題を特定する手助けになるでしょう。

141項目の質問項目で多角的に調査

従業員が答える質問項目は全部で141項目。厚生労働省が推奨する57項目に加え、独自に約84項目のアンケートを盛り込んでいます。独自の項目は18万人以上のメンタルヘルスデータをベースに専門家の知見を取り入れているため、多角的な調査結果を生み出します。そのため従来のストレスチェックでは見つけられなかったリスクや課題の抽出に寄与します。

19の質問項目に絞り、組織の状態を定点チェック 

スマートフォンで回答ができるアプリ版では、特に状態変容として現れやすい19の質問項目を抽出。質問に対しチャットスタンプ風に回答でき、従業員にとっても使いやすい仕組みです。こちらは月に1回の実施を推奨しており、組織の状態をこまめにチェックできます。

適切な対策案を分析レポート化

調査結果は細かに分析された上で適切な対策案を提示します。今ある課題だけでなく、この先考えられるリスクも可視化できるため、長期的な対策を立てることも可能。課題やリスクの特定から対策案まで一貫してサポートできるため、効率良く課題解決に近づくことができます。

部署/男女/職種/テレワーク別に良い点や課題点を一望化

集められたデータは以下の4つの観点別に分析が可能です。

・部署
・男女
・職種
・テレワーク

対象を絞って分析することで、どこでどんな対策を打つべきか的確に判断できるでしょう。また直感的にわかりやすいデータにより一目で課題を確認でき、手間をかけずに対策を立てられます。

5.まとめ

いかがだったでしょうか。
職場の雰囲気をすぐに改善することは難しいでしょう。しかし、小さなことの積み重ねを怠れば、変化は生まれません。社員一人ひとりと向き合うことが第一歩であり、ラフールサーベイを使うことで、効率的に作業を行うことができます。

ラフールサーベイ

ストレスチェックから働き方改革まで
ラフールサーベイなら対策を立てやすい。

多角的なオリジナルサーベイで、ハラスメントリスク、離職リスク、エンゲージメントなど、組織の様々な課題を可視化できる事で、具体的な対策に繋がっていきます。
オンラインセミナーも開催中。

機能をもっとみる