働きやすい職場の特徴と企業の取組事例

「働きやすい職場ってなんだろう。」

「実際、本当に働きやすい職場はあるんだろうか。」

職場の働きやすさを考えた時、こんな風に思ったことはありませんか?

”事業の成果は働きやすい職場から生まれる”とも言われるほど、働きやすさが重視されている今、取り組み始める企業が続々と増えています。

でも具体的に何をすればいいのか、どんな環境を目指したら良いのか、不明確なままでは行動に踏み出すのも難しいですよね。そこで今回は、働きやすい職場に共通する特徴や、具体的な事例、おすすめの活用ツールをまとめてご紹介します。

働きやすい職場づくりに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


1.給与面より「働きやすさ」を重視している傾向が強い

仕事をする上で最も重視するのは、「働きやすさ」であると考える人が増えています。実際に様々な調査結果から、仕事をする上での重要な要素として給与面や待遇面よりも「働きやすさ」を選ぶ割合が増えていることが報告されています。その背景には、20〜30代の若い世代が求めるライフスタイルの変化があります。社会人の多くがワークライフバランスを重視している今、「働きやすさ」は企業も重視すべき要素となっているでしょう。

2.従業員にとって「働きやすい職場」を目指す目的

従業員にとって「働きやすい職場」を実現することにより、個々のパフォーマンスは向上され、企業の業績向上も期待できます。企業の業績は従業員の成果や成長なくしては成り立ちません。企業の業績アップを考えた時に、従業員のパフォーマンス向上を実現する1つの方法として、働きやすい職場はなくてはならない環境でしょう。

3.「働きやすい職場」の特徴

「働きやすい職場」にはいくつか共通する特徴がありますが、その中でも以下の5つをご紹介します。

・人間関係が良好
・適切な人事評価
・ハラスメント対策をしっかりしている
・福利厚生が充実している
・社内研修などの従業員の成長を後押しする制度が充実している

これらの特徴を自身の職場と照らし合わせることで、働きやすい職場を実現するヒントを得られるかもしれません。

一つひとつ詳しくご紹介します。

人間関係が良好

良好な人間関係は、心身の健康を保てることで働きやすさにつながります。そこには他者の意見を受け止める雰囲気作りが欠かせません。例えば業務で悩んだ時に気軽に相談できる相手がいることや、発言しやすい雰囲気があることで、問題解決や起こり得るリスクを未然に防ぐことができ、業務上においてもいい結果を生み出します。そういった経験は、従業員自身の自信や成長につながり、働きやすさを感じやすくなるでしょう。

適切な人事評価

適切な人事評価は従業員のモチベーションをアップさせ、更なる高みを目指す機会となります。適切な人事評価には、明確な評価基準を設け、従業員が納得できるよう説明されていることが必要です。また昇給や昇格など目に見える形で評価として受け取れる制度も、従業員のやる気を促し、「働きやすい職場」と感じられるでしょう。

ハラスメント対策をしっかりしている

ハラスメントは様々な従業員が集まる社内において、いつでもどこでも起こり得る問題です。しかし、問題を放置せず対策を掲げ示すことが重要であると考えられています。実際にハラスメントに関する講習や研修を行った企業では、実施前に比べハラスメントへの意識が高まり、相手を尊重しながら業務に取り組むようになった事例もあります。他にも、定期的なアンケート調査や、外部の専門機関が運営する相談窓口の設置など、ハラスメント対策は様々な形で行うことができます。このような取り組みは、問題を未然に防ぐことや、問題の発展を抑制でき、一人ひとりが健康的に本来の能力を発揮することにつながります。

福利厚生が充実している

福利厚生が充実していることによって、自分を大切にしてくれることを実感でき、従業員の勤労意欲は高まります。例えば育児休暇や自己啓発支援などと、様々な制度から自分に合ったものを選択できることで福利厚生の充実さを感じるでしょう。また実際に活用することでプライベートとの両立や、経済的負担の軽減といった具体的なメリットも得られます。そのメリットによって会社への満足度は向上され、会社に貢献しようとする気持ちも高まるでしょう。

社内研修などの従業員の成長を後押しする制度が充実している

充実した教育制度は従業員の能力を高めるだけでなく、会社での存在意義を自覚できるメリットもあります。例えば従業員個々の成長を促すために、上司と1対1で業務の振り返りや中長期的な目標、普段の何気ない相談ごとまで話し合う、定期的な面談を設けている企業もあります。従業員にとっては、身近にいる上司に自分が達成したことを認めてもらえた上で足りない点をアドバイスとして受け入れられるため、自らの成長にも意欲的になれるでしょう。


4.働きやすい職場を目指す企業の取り組み事例

働きやすい職場_取り組み事例

働きやすい職場は、従業員が勤務する上で優先する要素の1つであり、企業にとっても業績アップにつながる重視すべき点です。そのため多くの企業が働きやすい職場を実現すべく、様々な取り組みを実践しています。ここからは独自の取り組みを展開している5社の事例についてご紹介します。

Google

世界的有名企業であるGoogleは全社員がフラットに働ける取り組みを実践しています。例えば、「20%ルール」という仕組みは、仕事時間の20%を好きな仕事やプロジェクトに割り当てられるというもの。元来、担当ではない職種やプロジェクトを実施するには手を挙げて立候補し、審査を突破した者だけが業務を任せてもらえるというイメージが強くあるでしょう。「20%ルール」では興味がある業務に手を挙げるだけで、仕事時間の20%の中でその業務を行えるというもの。自らの意思で飛び込み、業務を遂行することで従業員の自立性が育ち、能動的に働く意欲が高まります。

株式会社 ガイアックス

社員総会の出席や給与交渉も自らの意思で決めるガイアックスは、「自由すぎる企業」としてその働き方に注目を集めています。勤務場所や時間さえも自由な働き方を実施している理由は、全員がのびのびと活躍できることに加え、自分で意思決定をしなければならないという二面性があるためです。全員が当事者意識を持ち自らの意思で行動するため、その人にとっての働きやすさも見つけやすく、実施しやすい環境を叶えています。

セールスフォース ドットコム

働きがいのある会社ランキングで1位に選ばれたこともあるセールスフォース ドットコムは、社内外を問わず関わる人全てを家族として接する社風が特徴です。そのため社員同士の交流は活発で、そこから生まれるアイデアも数多くあるとのこと。また誰かが困っているときは自分のこととして手助けするという動きも、普段からの交流があってこその社風です。一人ひとりが家族の意識で取り組むことで、熱意ある業務が生まれ、その成果はより大きなやりがいを感じられるでしょう。

GMOグルーム

GMOグループは働きやすい企業の中でも、福利厚生に特徴がある企業です。社員食堂や託児所、お昼寝ができるスペースや様々な用事を代行してくれるコンシェルジュサービスなど、社内には多種多様な施設やサービスが完備されています。これらの施設は、”働きやすい職場作りには社内の声が欠かせない”という考えのもと生まれたもの。普段の業務においてもその考えは徹底されており、プロフェクト進行時には社内で募集をかけ、自ら手を挙げた従業員で進めています。社員の声を聞くという一貫した方針によって、働きやすさを実現している企業と言えるでしょう。

サントリーホールディングス

サントリーホールディングスは、国内企業の中でもいち早くテレワークを導入するなど、働きやすさの革新を進めています。ワークライフバランスには特に注力しており、育児関連で利用できる制度は全12種類と幅広い場面に考慮されています。また育児・介護休職からの復職に関しても支援制度を設け、従業員の生き方を支える仕組みが伝わります。従業員はこういった姿勢を感じ取れることで、働きやすさを実感できるでしょう。

5.働きやすい職場作りに役立つツール

働きやすい職場作りを目指す上では、環境や制度を新しく設けるだけでなく、既存の環境を見直すことも重要です。その中でも従業員が日頃感じているストレスには特に気を気を付けるべきでしょう。

ラフールサーベイは、「社員の状況の把握・分析」や「課題に応じた改善策提案」をしてくれる、働きやすい職場作りに最適なサーベイツールです。

通常、把握することの難しい従業員のストレス状況を可視化し、明らかになった課題を改善することで、より職場の風通しを良くすることができるでしょう。ラフールサーベイはサービスローンチ1年で500社以上が導入した今注目の組織改善ツールです。多くの企業から選ばれる理由について、詳しくご紹介します。

ラフールネス指数による可視化

組織と個人の”健康度合い”から算出した独自のラフールネス指数を用いて、これまで数値として表せなかった企業の”健康度合い”を可視化できます。また、他社比較や時系列比較が可能であるため、全体における企業の位置や変化を把握することも可能。独自の指数によって”健康度合い”を見える化することで、効率良く目指すべき姿を捉えることができるでしょう。

直感的に課題がわかる分析結果

分析結果はグラフや数値で確認できます。データは部署や男女別に表示できるため、細分化された項目とのクロス分析も可能。一目でリスクを把握できることから、課題を特定する手間も省けるでしょう。

課題解決の一助となる自動対策リコメンド

分析結果はグラフや数値だけでなく、対策案としてフィードバックコメントが表示されます。良い点や悪い点を抽出した対策コメントは、見えてきた課題を特定する手助けになるでしょう。

141項目の質問項目で多角的に調査

従業員が答える質問項目は全部で141項目。厚生労働省が推奨する57項目に加え、独自に約84項目のアンケートを盛り込んでいます。独自の項目は18万人以上のメンタルヘルスデータをベースに、専門家の知見を取り入れているため、多角的な調査結果を生み出します。そのためこれまでのストレスチェックでは見つけられなかったリスクや課題の抽出に役立ちます。

19の質問項目に絞り、組織の状態を定点チェック 

スマートフォンで回答ができるアプリ版では、特に状態変容として現れやすい19の質問項目が抽出されています。質問に対しチャットスタンプ風に回答でき、従業員にとっても使いやすい仕組みです。こちらは月に1回の実施を推奨しており、組織の状態をこまめにチェックできます。

適切な対策案を分析レポート化

調査結果は細かに分析された上で適切な対策案を提示してくれます。今ある課題だけでなく、この先考えられるリスクも可視化できるため、長期的な対策を立てることも可能。課題やリスクの特定から対策案まで一貫してサポートしてくれるため、効率良く課題解決に近づくことができます。

部署/男女/職種/テレワーク別に良い点や課題点を一望化

集められたデータは以下の4つの観点別に分析できます。

・部署
・男女
・職種
・テレワーク

対象を絞って分析することで、どこでどんな対策を打つべきか的確に判断できるでしょう。また直感的にわかりやすいデータにより一目で課題を確認でき、手間をかけずに対策を立てることができるでしょう。

6.まとめ

従業員にとって「働きやすい職場」を実現することにより、個々のパフォーマンスは向上され、企業の業績向上も期待できます。働きやすい職場作りを目指す上では、環境や制度を新しく設けるだけでなく、既存の環境を見直すことも重要です。ラフールサーベイを使うことで効率的にその作業を行えます。

ラフールサーベイ

ストレスチェックから働き方改革まで
ラフールサーベイなら対策を立てやすい。

多角的なオリジナルサーベイで、ハラスメントリスク、離職リスク、エンゲージメントなど、組織の様々な課題を可視化できる事で、具体的な対策に繋がっていきます。
オンラインセミナーも開催中。

機能をもっとみる