リアリティショックが起こる原因と対処法・予防策を詳しく解説

リアリティショックとは、理想と現実のギャップに直面し、ショックを受ける心理状態のことです。特に、新入社員や昇進したばかりの社員に起こりやすい現象です。ここでは、リアリティショックが起こる原因と、その対処法・予防策について詳しく解説します。

リアリティショックとは理想と現実のギャップにショックを受けること

リアリティショックは、個人が抱いていた理想や期待と、実際の現実とのギャップに直面した際に生じます。このギャップが大きければ大きいほど、ショックの度合いも強くなります。例えば、学生時代に抱いていた職業イメージと、実際の職場環境や業務内容が大きく異なる場合などに、リアリティショックを感じることがあります。

リアリティショックが起こりやすいのは入社時と昇進時

リアリティショックは、特に環境の変化が大きい時期に起こりやすいです。代表的なのは、新入社員として企業に入社した時と、昇進によって職務内容や責任が大きく変化した時です。

1. 入社時のリアリティショック

 新入社員は、学生から社会人へと身分が変わる大きな転換点を迎えます。今までの学生生活とは異なり、会社という新しい環境に適応しなければなりません。業務内容、人間関係、社内ルールなど、すべてが新しい経験であり、想像していたものとのギャップに直面することが多いです。
例えば、「自分の専門性を活かせると思っていたが、実際は別の業務が割り当てられた」「学生時代は自由な時間が多かったが、社会人になると拘束時間が長い」といった理想と現実のギャップにショックを受ける可能性があります。

2. 昇進時のリアリティショック

一般社員から管理職へ昇進する際にも、リアリティショックを経験することがあります。これまでは自分の業務に専念すればよかったのが、管理職になると部下のマネジメントや組織運営といった新たな責任が加わります。
例えば、「部下とのコミュニケーションが思うように取れない」「決断の難しさや責任の重さに悩む」といった管理職特有の悩みにショックを受ける可能性があります。また、同僚だった人が部下になることで、関係性の変化に戸惑うこともあるでしょう。

リアリティショックが起きる原因

リアリティショックが起きる原因は多岐にわたります。以下では、主な原因について詳しく解説します。

職務内容へのギャップ

学生時代に学んだ知識や技能と、実際の業務で求められるスキルとのギャップが存在する場合があります。また、業務の難易度や量が想像以上に多く、自分の能力では対応しきれないと感じることもあるでしょう。

労働環境へのギャップ

勤務時間、休暇制度、福利厚生など、学生時代に想像していた労働環境と現実とのギャップに直面することがあります。長時間労働や休暇の取得しにくさなどが、ストレスの原因となる可能性があります。

人間関係へのギャップ

学生時代とは異なり、職場では年齢や経験、立場の異なる多様な人々と関わる必要があります。コミュニケーションの取り方や、上下関係の構築に戸惑いを感じることもあるでしょう。

キャリアパスへのギャップ

入社前に描いていたキャリアプランと、実際の会社の人事制度や昇進の仕組みとのギャップに直面する場合があります。自分の希望するキャリアパスを歩めるかどうかに不安を感じることもあるでしょう。

企業文化へのギャップ

会社の価値観、行動規範、社内の雰囲気など、企業文化に適応することは容易ではありません。自分の価値観と会社の価値観とのギャップに戸惑いを感じ、自分の居場所を見出せないと感じることもあります。

リアリティショックがもたらす影響

リアリティショックは、個人のキャリアや組織に大きな影響を与える可能性があります。以下では、リアリティショックがもたらす主な影響について詳しく解説します。

モチベーションの低下

理想と現実のギャップに直面し、期待していたような仕事やキャリアが実現できないと感じることで、仕事へのモチベーションが大きく低下する可能性があります。自分の能力や適性に対する自信を失い、仕事に対する意欲が減退してしまうことも少なくありません。

職場でのパフォーマンス低下

モチベーションの低下は、職場でのパフォーマンスにも直結します。仕事に対する意欲が減退することで、業務の質が低下したり、ミスが増加したりする可能性があります。また、新しい環境に適応できずに、業務の習得が遅れることもあるでしょう。

心身へのストレス

リアリティショックは、心身へ大きなストレスを与えます。理想と現実のギャップに悩み、自己肯定感が低下することで、メンタルヘルスを損ねる可能性があります。ストレスによって、身体的な症状が現れることもあるでしょう。

離職率の増加

リアリティショックが深刻な場合、早期離職につながることがあります。特に、入社後1~2年以内の若手社員の離職率は高い傾向にあります。自分に合った仕事やキャリアが見つからない、組織になじめないなどの理由から、転職を考える人も少なくありません。

企業が行うべきリアリティショックの予防策・対処法

リアリティショックを予防し、適切に対処するためには、企業による積極的な取り組みが不可欠です。以下では、企業が行うべき主な予防策・対処法について詳しく解説します。

入社前後の期待値の調整

企業は、採用活動の段階から、仕事内容や職場環境について、リアルな情報を提供することが重要です。入社前の段階で、候補者の期待値を現実に近づけることで、入社後のギャップを最小限に抑えることができます。また、内定者向けのイベントや研修を通じて、会社の文化や業務内容について理解を深める機会を提供することも効果的でしょう。

オンボーディングプログラムの実施

入社後の適応をスムーズにするために、体系的なオンボーディングプログラムを実施することが望まれます。業務内容の説明、社内ルールの教育、先輩社員との交流会など、新入社員が会社に溶け込むためのサポートを行います。また、定期的なフォローアップを行い、新入社員の悩みや不安に耳を傾けることが大切です。

人間関係を構築するためのサポート

新入社員が職場に溶け込むためには、良好な人間関係の構築が欠かせません。先輩社員をメンターとして割り当てたり、新入社員同士の交流の場を設けたりすることで、新入社員の孤立を防ぎ、相談しやすい環境を整えることができます。また、コミュニケーション研修などを通じて、人間関係構築のスキルを身につける機会を提供することも重要です。

キャリアプラン構築の支援

新入社員が自分のキャリアについて見通しを持てるよう、キャリアプラン構築のサポートを行うことが望まれます。キャリアパスの提示、スキルアップのための研修制度の整備、キャリア面談の実施など、社員一人ひとりのキャリア形成を支援する取り組みが求められます。また、社内公募制度やジョブローテーションなど、多様なキャリアを歩める仕組みを整えることも重要でしょう。

従業員の状態の把握

リアリティショックに陥っている社員を早期に発見し、適切なサポートを行うためには、従業員の状態を定期的に把握することが重要です。上司による日常的なコミュニケーション、メンタルヘルスチェックの実施、エンゲージメント調査の活用など、さまざまな方法で従業員の声に耳を傾けることが求められます。また、メンタルヘルス不調者への支援体制を整備することも欠かせません。

企業がこれらの予防策・対処法を積極的に実施することで、リアリティショックを最小限に抑え、社員のエンゲージメントを高めることができるでしょう。社員一人ひとりが活き活きと働ける職場環境を整備することが、企業の持続的な成長につながります。

適性検査「テキカク」で組織と人材のミスマッチを防ぐ

執筆者

株式会社ラフール

編集部員

株式会社ラフールの中の人。部員持ち回りで執筆をしています。採用から定着まで。採用適性検査「テキカク」と組織改善ツール「ラフールサーベイ」でウェルビーイング経営の実現を本気で支援しています!

  • Facebookをフォロー
  • Xをフォロー
  • noteをフォロー

フォローされると
喜びます!

この人の記事をもっと見る

この記事をシェアする

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

採用適性検査「テキカク」なら

職務経歴書では見抜けない
自社組織との相性が『採用前に』わかります

その理由が3分でわかる!

資料をダウンロードする

今週のイチオシ!コンテンツ

Follow Us!

SNSで、人事・経営者に役立つ情報をチェック!このサイトの更新情報もお知らせします

PAGE TOP