リファラル採用とは?メリット・デメリット、導入ステップと成功のポイントを解説

リファラル採用とは?メリット・デメリット、導入ステップと成功のポイントを解説

リファラル採用、つまり社員や関係者からの人材推薦は、企業の採用活動に革命をもたらす方法です。この手法は、社員の信頼のあるネットワークを活用し、質の高い人材を見つけ出すことが可能になります。しかし、どのようにしてリファラル採用を効果的に実施するのでしょうか?

リファラル採用の最大のメリットは、採用コストの削減と効率化です。広告や人材紹介会社にかかる費用を削減でき、社員が推薦する候補者は通常、企業文化にマッチしやすく、採用プロセスがスムーズに進行します。また、社員の推薦という事実が、候補者の信頼性を高める要因にもなります。

ただし、注意すべき点もあります。例えば、社内から似たような背景を持つ人材が推薦されることで、組織内の多様性が損なわれるリスクがあります。また、社員が不適切な候補者を推薦するプレッシャーを感じることもあり得ます。

「リファラル採用って聞くけど、実際のところどうなの?」と思われる方も多いでしょう。この記事では、リファラル採用の基本から、そのメリットとデメリット、実践的な導入方法まで、わかりやすく解説していきます。リファラル採用を成功させるためのポイントも紹介し、リスクを回避する方法についても触れます。これからの採用戦略にリファラル採用を取り入れたい方にとって、有益な情報を提供します。

リファラル採用とは?

リファラル採用とはどういった採用か、またよく混同される縁故採用との違いについて説明します。

リファラル採用とは?

リファラル採用とは、社員が自社に適合すると考えられる友人や知人を推薦する採用手法です。このアプローチの核心は、英語の「リファラル(referral)」、すなわち「推薦」や「紹介」の意味にあります。ここで重要なのは、紹介される人物が社員の個人的なネットワークから来るという点です。この方法では、社員が自社の文化や職場環境を理解し、その知識を基に適切な候補者を推薦します。

リファラル採用は、社員が自社の価値観に合う人材を紹介することで、組織の一体感を高め、採用の質を向上させる効果が期待されます。

リファラル採用と縁故採用の違い

リファラル採用と縁故採用はしばしば混同されますが、明確な違いが存在します。縁故採用とは、血縁関係や姻戚関係、あるいはその他の個人的なつながりに基づいて人材を採用することを意味します。これは、主に家族関係や親戚関係に焦点を当てた採用です。

対照的に、リファラル採用は純粋に職業的な推薦に基づいています。ここでのキーとなるのは、推薦する社員が自社の文化やニーズを深く理解し、その視点から適切な候補者を選ぶことです。リファラル採用は、個人的な関係よりも職業的適合性を重視し、企業文化や職務要件に基づいて候補者を評価します。この違いにより、リファラル採用は縁故採用よりも公平性と効率性を確保しやすいと言えます。

リファラル採用が求められる背景

リファラル採用が注目される背景は何から来ているのでしょうか。それはスキルが高い人材を見つけるのが困難な背景からきています。

人手不足による採用活動の難航

近年、日本を含む多くの国で顕著な人手不足が続いています。特に高度な技術や特殊なスキルを持つ人材の需要は高まる一方、供給が追いついていないのが現状です。このような売り手市場の中で、企業はより効率的で精度の高い採用手法を求めるようになっています。

リファラル採用は、このような状況下で特に重要性を増しています。従来の採用方法では、求人倍率の高まりとともに優秀な人材を確保することが難しくなっています。応募者が自然と流入してくる時代は終わり、積極的に求める人材に直接アプローチできる手段が不可欠になっています。

リファラル採用は、社員自身のネットワークを通じて、未だ市場に出ていない優秀な人材にリーチすることができます。これにより、採用の精度と速度が向上するだけでなく、社員が推薦することで候補者の質をある程度保証できる利点もあります。また、既存の社員が推薦することで新たに入社する人材が社内に馴染みやすいという側面もあります。

このように、人手不足による採用活動の難航を背景に、リファラル採用が現代の採用市場においてますます重要な役割を担うようになっているのです。

リファラル採用のメリットは?

リファラル採用は、現代の採用市場において非常に効果的な手法です。企業にとって多くのメリットがあり、採用活動の効率化と質の向上を実現します。

採用コストを抑制できる

リファラル採用の一番のメリットは、採用コストの大幅な削減です。求人広告の掲載費用や人材紹介サービスの仲介手数料など、外部にアウトソーシングするコストがかからなくなります。社員が直接推薦するため、コスト効率の良い採用プロセスが可能になります。

転職の潜在層までアプローチすることができる

リファラル採用では、積極的に転職活動を行っていない潜在層にもアプローチすることができます。「タイミングが合えば転職したい」「良い企業に出会えたら転職したい」と考えている人たちに直接リーチできるのです。

採用のミスマッチを防ぎ、入社後の定着率向上につながる

社員のネットワークを通じて紹介される候補者は、自社の価値観や文化にマッチしている可能性が高く、これが採用のミスマッチを防ぎます。また、紹介する社員を通じて、候補者は企業の理念や文化に事前に触れる機会を持ちます。この結果、入社後の定着率が向上し、長期的な人材確保に繋がります。

社員のエンゲージメント向上になる

リファラル採用は、社員が自社の魅力を友人や知人に伝えるプロセスを通じて、自身の企業への帰属意識や理解を再確認する機会にもなります。これにより、社員のエンゲージメントが高まり、組織全体の士気向上に貢献します。

リファラル採用のデメリットは?

リファラル採用には多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。これらの課題を理解し、適切に対処することが重要です。

社員の理解とコミットメントが必要

リファラル採用は社員が主体となるため、社員には候補者へ自社の事業内容や組織体制を伝える追加の労力が必要です。社員が事実上のリクルーターとなるため、本業以外の業務が増えることになります。このため、社員の協力を得るための仕組みや報酬スキームを検討する必要があります。

不採用時の人間関係へ配慮が必要となる

リファラル採用では、紹介した友人が不採用になった場合、紹介した社員とその友人との関係に影響を及ぼすリスクがあります。そのため、不採用時の対応やフィードバックに細心の注意を払う必要があります。

採用(内定承諾)までに時間がかかる

リファラル採用で紹介される人材は、即時入社が難しい場合があります。特に転職を考えていなかった潜在的な候補者の場合、彼らの転職意志を固めるまでに時間がかかることがあります。そのため、企業は長期的な採用プランを策定し、十分な準備をする必要があります。

リファラル採用を成功させるポイントとステップ

リファラル採用を成功させるためには、いくつかの重要なポイントとステップがあります。これらを適切に実施することで、採用プロセスを最大限に活用し、企業の成長に寄与させることが可能です。

リファラル採用のみに頼らない

リファラル採用だけに頼ると、似たような価値観や背景を持つ人材が集まりがちです。新しいアイデアや多様な視点は、異なる背景を持つ人材から生まれます。そのため、リファラル採用と並行して、他の採用手法も活用し、人材の多様化を図ることが重要です。

リファラル採用制度の認知を社内で向上させる

リファラル採用制度の成功には、社内での認知度の向上が不可欠です。社員が自社の採用手法を理解し、リファラル採用の一環として積極的に関われるよう、適切な情報共有と啓発活動が必要です。

社員のモチベーション促進

リファラル採用における社員の積極的な参加を促すためには、インセンティブの設定が効果的です。また、リファラル採用に関連する費用(例えば会食費など)を予算に計上し、これらが会社負担であることを社員に明確に伝えることも重要です。

SNSを活用する

社員が個人のSNSアカウントを通じて、自社の求人情報や魅力を拡散することも効果的です。ただし、SNSの使用はあくまで任意であり、社員に強要してはなりません。

リファラル採用専門の有料ツールを活用する

リファラル採用を効率化するためには、専門の有料ツールを活用するのもおすすめです。これらのツールは、リファラル採用プロセスをシステマティックに管理し、追跡しやすくする機能を提供します。例えば、社員が推薦した候補者の進捗状況を追跡できるツールや、推薦に関する報酬システムを統合したプラットフォームなどがあります。

まとめ

リファラル採用は、現代の採用市場において重要な役割を果たす手法です。社員の推薦による人材獲得は、採用コストの削減、採用プロセスの効率化、社員のエンゲージメント向上など、多くのメリットをもたらします。しかし、社員の理解と協力、紹介された人材との関係性、および採用プロセスの長期化などのデメリットも存在します。

成功するリファラル採用には、複数の採用手法の併用、社内での制度の認知度向上、社員のモチベーション促進、SNSの効果的な活用、専門ツールの利用など、様々な要素が組み合わさっています。これらのポイントを適切に把握し、実践することで、リファラル採用は企業の持続的な成長に貢献する強力な採用手段となるでしょう。

採用市場が変化し続ける中で、リファラル採用はその柔軟性と効果性から、企業にとって重要な戦略の一つであり続けることが期待されます。

ラフールサーベイ

ストレスチェックから働き方改革まで
ラフールサーベイなら対策を立てやすい。

多角的なオリジナルサーベイで、ハラスメントリスク、離職リスク、エンゲージメントなど、組織の様々な課題を可視化できる事で、具体的な対策に繋がっていきます。
オンラインセミナーも開催中。