会社を辞めそうな人の特徴は?退職する部下や同僚の兆候を把握しておこう

会社を辞めそう人には、いくつかの特徴があることをご存知ですか?退職は突然ではなく考え抜いた末に決断されることが多いため、辞めそうな人には様々な特徴が見受けられます。

そのため、

「自分が知らない特徴やサインがあれば予め把握しておきたい」
「手遅れになる前に対応できるよう備えたい」

と考えるマネジメント層の方も多いかもしれません。

辞めそうな人の特徴やサインを幅広く把握しておくことで、出来る限り退職とならないような対応を行いたいですよね。そこで今回は、辞めそうな人の特徴や、辞めそうなサインを見逃さない方法について解説します。

部下の辞めそうな兆候をつかみたい人は、ぜひ参考にしてください。

1.今にも辞めそうな人の特徴10選

会社を辞めそうな人には様々な特徴がありますが、代表的な10個の特徴がこちらです。

  1. 挨拶をしなくなった
  2. 上司や同僚からの評判を意識しなくなる
  3. やる気がない
  4. 愚痴や不満ばかり言っている
  5. 急な早退や休みを申し出る
  6. 会議などで意見を発言しなくなる
  7. 服装や髪型がいつもと違う
  8. 自席にいる時間が増える
  9. 生産性が低下している
  10. 仕事後の付き合いをしなくなる

1つずつ具体例を合わせて紹介します。

【辞めそうな人の特徴1】挨拶をしなくなった

これまでとは異なり挨拶を積極的に行わない態度や、避けているような様子が特徴の1つとして挙げられます。挨拶は始業時や業務中、退勤時と1日の中で交わされる機会が多いため、変化に感じやすい特徴とも言えます。コミュニケーションの基本とも言われる挨拶をしない社員は、何かしらの不満や悩みを抱えている場合もあるでしょう。

【辞めそうな人の特徴2】上司や同僚からの評判を意識しなくなる

退職を決断した場合、出世や社内での評価に関心がなくなるため、周囲の社員からの評判を意識しなくなります。上司や同僚から認められようと業務に励む姿勢や、周囲を気遣った態度が以前と比べ減ってきた場合、今いる会社よりもこれからの会社への関心が高まっている可能性があります。

【辞めそうな人の特徴3】やる気がない

辞めようとしている会社では労働意欲が湧かないことから、やる気のない働き方が特徴として見受けられます。業務に集中して取り組めず従来より進捗が悪い状況や、意欲的な姿勢や発言が見られない社員は、今いる社内での業務にやる気がなくなっていると考えられます。これまでとは異なる意欲が感じられない働き方は、辞めそうな人の特徴として多く見受けられます。

【辞めそうな人の特徴4】愚痴や不満ばかり言っている

会社を辞めようとする人は転職活動を通し、現状と他社での働き方を比較してしまうことで、今の会社への愚痴や不満が増えます。どの社員でも現状への不満は全くないとは言えず、ある程度不満はあるものです。しかし辞めようとしている社員の場合は不満の割合が大きいため、話題のほとんどが愚痴になりやすい傾向があります。

【辞めそうな人の特徴5】急な早退や休みを申し出る

急な早退や休暇を申請する言動は、会社を辞めようとする人の特徴として多く見られます。転職活動の面接予定で休む場合や、有給休暇の消化、働く意欲がなくなり休暇を取るなど、理由は様々考えられます。これまでは前もって申請をしていたのに、突然早退や直近の休暇申請が増えた場合は、辞めそうな人の特徴として捉えて良いでしょう。

【辞めそうな人の特徴6】会議などで意見を発言しなくなる

会議での発言が減った社員は、会社を辞めたい気持ちから労働意欲が下がり主体性を持って会議に出席できていない状態であることが考えられます。転職先が決まっており、今の会社へ思い残すことがない状態である可能性もあります。また、発言は減っていないが当たり障りのない意見ばかりになった社員も同じようなことが考えられるでしょう。

【辞めそうな人の特徴7】服装や髪型がいつもと違う

これまでとは異なるきっちりとした服装や髪型へ変えて出勤する社員は、転職活動に備えた外観を意識していることが考えられるため、辞めたい人の特徴として挙げられます。具体的には、これまでラフな格好だった社員が落ち着いた色合いのスーツで出勤することや、化粧やネイルが控え気味な日が増えたなどの変化があります。これらは面接の対策として外見に変化が現れている可能性が考えられます。

【辞めそうな人の特徴8】自席にいる時間が増える

自席にいる時間が増えた社員は、意図的に周囲の社員との関わりを減らそうとしている場合があります。具体的には、昼食のタイミングや職場での雑談中に、1人になろうと離れていく言動が見受けられます。理由としては、既に転職先が決まり今の会社の人たちとは関わりにくくなったことや、1人の時間を増やし辞める準備に取り組みたいと考えている可能性があるでしょう。

【辞めそうな人の特徴9】生産性が低下している

業務の効率が下がることや、ミスが増えることによって生産性が低下している状態は、辞めそうな人の特徴として考えられる場合があります。辞めそうな人は労働意欲が低下しているため従来よりも業務の進捗が悪く、結果的に生産性が低下します。その一方で、単なるブランク期間や、成長過程であることも考えられるため、まずは業務上の不安や悩みの相談に乗ることが重要です。

【辞めそうな人の特徴10】仕事後の付き合いをしなくなる

「そのうち会社を辞めるから社内の人と仲良くしても意味がない」といった考えから、仕事が終わると社内の人と関わろうとしない特徴が見受けられます。例えば、よく飲み会に参加していたのに急に控えるようになったなどといった変化が現れます。自分の自由な時間を転職活動や次の会社に向けた準備にあてたいと考えている場合もあるでしょう。

2.優秀な社員が仕事を辞めたいと思う理由とは?

優秀な社員が仕事を辞めたいと思う理由

人手不足が叫ばれる中、社員1人が辞めることはもちろんですが、優秀な社員が辞めることは企業にとって大きな痛手となります。手遅れになる前に、予めその理由を把握しておきましょう。以下の4つの理由が、優秀な社員が仕事を辞めたいと思う理由として考えられます。

・人間関係で煮詰まっている
・仕事内容にやりがいを感じない
・正当な評価が受けられないと感じる
・給与が福利厚生がよくない

それぞれ理由を含め解説します。

人間関係で煮詰まっている

多くの時間を過ごす職場での人間関係が不安定であることで、働く環境を変えたいという気持ちが芽生えます。例えば、上司に依頼された業務を提出しても後日違う内容を求められることや、上司の主観で気に入られないと評価されないといった状況が挙げられます。高いスキルや能力を持っていても、尊敬できる人や認めてくれる人、相談のしやすい人が周囲にいない環境は、その人のスキルや能力が活かしきれずやりがいも感じられにくいでしょう。成長ができないと感じられる環境下では労働意欲も低下するため、優秀な社員ほど辞めたいと思う理由になります。

仕事内容にやりがいを感じない

優秀な社員ほど、更なる高みや成長を目指し業務に励んでいるため、やりがいが感じられない業務には不満を感じてしまいます。具体的には、十分な裁量が与えられない業務や、新たな挑戦ができる機会を提供しない職場であると、働きがいを感じられにくいでしょう。やりがいが感じられないことによって、自分に適した働き方や環境に目を向ける機会が増え、辞めたい理由の1つとなります。

正当な評価が受けられないと感じる

正当な評価が受けられない会社だと感じた場合、優秀な社員は自身の持つスキルや能力を活かし職場を変えようと思い始めるきっかけとなります。例えば、自分の方が目標達成率が高いのに上司に気に入られている社員の方が評価されている状況や、成果を上げているのに昇給や昇格がない場合などが考えられます。理不尽な評価では不満が溜まり、自分自身の努力や成果を正当に評価してくれる会社への転職を検討することとなるでしょう。

給与が福利厚生がよくない

優秀な社員は高い成果を出すことが多いため、見合っていない給与や福利厚生には不満を感じやすくなります。努力や取り組み、成果の対価として、給与や福利厚生があるため、妥当で適切な対価を得たいという気持ちが生まれます。そのため、「他の会社ではどうなんだろうか」と他社での働きを視野に入れ始め、ひいては辞めたいという理由の1つになります。

3.部下の辞めそうなサインを日頃から見逃さない方法

辞めたい気持ちを増大させないためにも、辞めそうなサインに予め気づいてあげることに取り組みましょう。ここからは、日頃から取り入れられる、部下の辞めそうなサインを見逃さない方法として以下2つを紹介します。

・社員と密にコミュニケーション取るようにする
・サーベイツールを導入する

それぞれのメリットについて解説します。

社員と密にコミュニケーション取るようにする

社員との密なコミュニケーションによって、辞めそうなサインの見逃しを防ぐことができます。日頃から社員との関わり合いを増やすことは、社員の価値観を細かに把握でき、少しの変化にも気付きやすくなるメリットがあります。社員にとっては、積極的にコミュニケーションを取ってくれる上司には心を開きやすくなり、自分自身の考えを伝えやすい存在と感じられるでしょう。またコミュニケーションを取る際には、「小さな悩みでも聞いてみる」という点がポイントです。客観的に見ると小さな悩みであっても、悩んでいる本人にとっては大きな障害となっている場合があるため、どんな悩みでも受け入れ聞き入れる姿勢が重要です。小さな悩みでもしっかりと受け止め聞き入れてくれる上司には、これまで以上に信頼も深まるでしょう。そういったコミュニケーションを日々心がけ、積極的に行うことによって、社員自ら悩みや不安な点を相談する機会も増えます。そのため、社員との密なコミュニケーションは、辞めそうなサインに気付きやすいだけでなく、不満を解消し辞めたい気持ちを生み出さない効果が期待できるでしょう。

サーベイツールを導入する

取り入れる企業が増えているサーベイツールを活用することで、社員の気持ちの変化に気付きやすくなります。社員の潜在的な心情を調査するサーベイツールの導入は、社員が抱える問題を可視化できるというメリットがあります。社員と直接話をしながら不満や不安を聞き出そうとしても、実際はなかなか上手くいかない場合が多いでしょう。「辞めさせないように聞き取りを行っているのかも」と、逆に社員に不信感を与えてしまう可能性もあります。その点、サーベイツールの活用は、社員が自分自身の気持ちと向き合った調査結果が得られやすいため、潜在的な心理状況を把握しやすくなります。社員が抱える問題が可視化されることは、辞めそうなサインを見逃さないだけでなく、問題に対する解決策も具体的に検討できる機会が得られるでしょう。

4.社員の心理状態の把握に役立つツール 

ラフールサーベイは、「社員の状況の把握・分析」や「職場/チームの状況に応じた改善策提案」をしてくれる、社員の心理状態の把握に最適なサーベイツールです。従来の社内アンケートなどでは見えにくい心の状態などを可視化することで、社員が安心して働ける環境づくりのお手伝いをします。

社員が安心して働ける環境づくりは、企業の成長・拡大のための土台となります。まずは、社員一人一人にとって居心地の良い職場を整え、人材の定着と組織改善に繋げましょう。

ラフールネス指数による可視化

組織と個人の”健康度合い”から算出した独自のラフールネス指数を用いて、これまで数値として表せなかった企業の”健康度合い”を可視化できます。また、他社比較や時系列比較が可能であるため、全体における企業の位置や変化を把握することも可能。独自の指数によって”健康度合い”を見える化することで、効率良く目指すべき姿を捉えることができるでしょう。

直感的に課題がわかる分析結果

分析結果はグラフや数値で確認できます。データは部署や男女別に表示できるため、細分化された項目とのクロス分析も可能。一目でリスクを把握できることから、課題を特定する手間も省けるでしょう。

課題解決の一助となる自動対策リコメンド

分析結果はグラフや数値だけでなく、対策案としてフィードバックコメントが表示されます。良い点や悪い点を抽出した対策コメントは、見えてきた課題を特定する手助けになるでしょう。

141項目の質問項目で多角的に調査

従業員が答える質問項目は全部で141項目。厚生労働省が推奨する57項目に加え、独自に約84項目のアンケートを盛り込んでいます。独自の項目は18万人以上のメンタルヘルスデータをベースに専門家の知見を取り入れているため、多角的な調査結果を生み出します。そのため従来のストレスチェックでは見つけられなかったリスクや課題の抽出に寄与します。

19の質問項目に絞り、組織の状態を定点チェック 

スマートフォンで回答ができるアプリ版では、特に状態変容として現れやすい19の質問項目を抽出。質問に対しチャットスタンプ風に回答でき、従業員にとっても使いやすい仕組みです。こちらは月に1回の実施を推奨しており、組織の状態をこまめにチェックできます。

適切な対策案を分析レポート化

調査結果は細かに分析された上で適切な対策案を提示します。今ある課題だけでなく、この先考えられるリスクも可視化できるため、長期的な対策を立てることも可能。課題やリスクの特定から対策案まで一貫してサポートできるため、効率良く課題解決に近づくことができます。

部署/男女/職種/テレワーク別に良い点や課題点を一望化

集められたデータは以下の4つの観点別に分析が可能です。

・部署
・男女
・職種
・テレワーク

対象を絞って分析することで、どこでどんな対策を打つべきか的確に判断できるでしょう。また直感的にわかりやすいデータにより一目で課題を確認でき、手間をかけずに対策を立てられます。

5.まとめ

今回は辞めそうな人の10個の特徴や、辞めそうな雰囲気を見逃さない方法を紹介しました。上司として特徴を事前に把握することで退職の兆候をつかみ、手遅れになる前に対応できるようにしましょう。

ラフールサーベイでは社員の心の健康状態を可視化できるため、社員の心境の変化を知る手助けになります。日々のコミュニケーションとサーベイの結果を活用して、辞めそうな社員のサインを察知しましょう。

サーベイツールをお探しの方は、ぜひラフールサーベイを検討してください。

ラフールサーベイ

ストレスチェックから働き方改革まで
ラフールサーベイなら対策を立てやすい。

多角的なオリジナルサーベイで、ハラスメントリスク、離職リスク、エンゲージメントなど、組織の様々な課題を可視化できる事で、具体的な対策に繋がっていきます。
オンラインセミナーも開催中。

機能をもっとみる