特徴・機能

FEATURES

ラフールサーベイは
心理的安全性」と「エンゲージメント」を
可視化する組織診断ツールです

資料ダウンロード

オンラインセミナー

ラフールサーベイの特徴

従来のストレスチェックを改良した独自のメンタルヘルスがベース
長年のメンタルヘルス研修の実績と専門家とのネットワークを構築

  • 3000社の支援実績メンタルヘルス研修、ストレスチェックの豊富な支援実績
  • 18万人のデータ蓄積メンタルヘルスデータ18万人分のデータによる分析
  • 産学連携立正大学心理学部との共同開発
  • ストレスチェック機能搭載厚生労働省に準拠

確かな実績を持つ専門家が監修

  • 松原 仁氏公立はこだて未来大学副理事長
    工学博士AI 研究の第一人者
  • 茂木 崇治 氏精神保健指定医
    日本医師会認定産業医

サービスを詳しく知りたい方はこちら

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門スタッフがさらに詳しく機能についてご説明いたします。

03-5643-3707

(平日10:30〜16:30)

ラフールサーベイの機能

01現状把握

  • スタンダードサーベイ

    141項目の質問項目で多角的に調査

    厚生労働省が推奨する57項目と独自項目約84問のアンケートから構成。従来のストレスチェックでは把握できない、受験者の性格、衛生要因(給与・福利厚生)、エンゲージメント(エンプロイー・ワーク)などを追加で調査。
    ※年2回の実施を推奨

  • ショートサーベイ

    19の質問項目に絞り、組織の状態を定点チェック

    メンタル・フィジカル・エンゲージメント(ワーク)の状態を数値化。月次での変化を追いながら課題への対策効果を可視化。
    ※月1回の実施を推奨

02分析

  • 多様な分析視点と直感的なUI

    適切な対策案を分析レポート化

    細かい分析結果より、課題を把握し、リスクを見える化することができます。

  • サマリー

    ラフールネス指数による可視化

    「総合」「個人」「職場」の3つに対して他社比較と時系列比較により、それぞれの位置や変化をラフールネス指数※1として表し、把握することができる。全国平均や各業界との比較も可能。
    ※1:組織・個人の“健康度合い”を独自に算出した指数のこと。

03課題特定

  • 課題の見える化

    課題点を一望化し、対策リコメンドをもとに改善アクションを実施

    部署/男女別にデータ分析が可能。他部署との比較や経年変化の追跡が可能となるだけでなく、 危険ゾーンとなる箇所が一目でわかる直感的な表現で確認ができます。

04具体的な対策の実施

課題の可視化後は、課題に対応した施策を実施。ラフールなら分析だけでなく施策までをサポート。
課題の内容によって、従業員向け、人事責任者向け、社内全体への対応など、あらゆる視点での具体的な対策サービスをご用意。

対策サービス一覧へ

サービスを詳しく知りたい方はこちら

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
専門スタッフがさらに詳しく機能についてご説明いたします。

03-5643-3707

(平日10:30〜16:30)